ムダ毛について考える女性
必須ない毛が多々あると剃るのにも時がかかりますし、必須ではない毛の処理テクニックが、脱毛などですと苦しいですよね。

必須ない毛が多かったり、少なかったり、濃かったり薄かったりは体質は無論ですが、ホルモンバランスが影響する事もあります。

ではホルモンバランスの移り変わりが多くなる懐妊中には不可欠ない毛にはどれほどの移り変わりがみられるのでしょうか。

一番目に、懐妊中の母親で気にする人が多々あるところはおなかの毛でしょう。

安定期に入るごろからおなかの毛が濃くなったと思っている母親が諸々いるようです。

これは懐妊中に増加する卵胞ホルモンであるエストロゲンと黄体ホルモンであるプロゲステロンという女ホルモンの増加による影響によるものと心積もりられています。

これらの女子ホルモンがメラニン色素の色素細胞を刺激してメラニン色素が沈着する事でそもそも生えていた毛が濃くなって毛の量が増加したように感じやすくなるのです。

こういった毛の移り変わりが分娩後にもとに戻るのか気がかりする母親も少なくないようですが、分娩後ホルモンバランスが戻る事で、濃くなった毛も段々自然ともとに戻るようです。

その上、足や腕などの必須ない毛が濃くなったり、逆に薄くなったりする場合もあるようです。

これもホルモンバランスの移り変わりによる影響といえるでしょう。

懐妊中に毛が濃くなると、おなかの赤ちゃんが男の子、薄くなったら女子などという説もあるようですが、これはなんの根拠もない噂のようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です